2020年02月12日

【訃報】野村克也氏(元プロ野球選手&監督・享年84歳)

昨日の午前9時台後半。そのニュースは突然に。
余計なことも含めてTweetしてしまいましたが、改めてブログでも慎んでお悔やみ申し上げます。
デイリーまでって、阪神の元監督だったし…
個人的には、ノムさんの監督時代は暗黒時代真っ只中。3年連続最下位で結果は出なかったけど、次につながる予感はしてたし、事実次の星野監督の2年目に18年ぶりのリーグ優勝しているし、その後もリーグ優勝1回、優勝しないで日本シリーズ1回のほか、最下位はたった1回でセの中では比較上位の方に戻した流れは作ったと評価してます。
そのあたりの他の⚾系の方々の見解はこちらもご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログへ
ちなみに、当ブログで紹介したノムさん関連本は
ありがとうを言えなくて - 野村 克也
ありがとうを言えなくて」が最新のもの【ブログ書評(2019.8.30付)】になりますが、それ以外は以下のとおりです。

<野村克也氏著(共著も含む)>
巨人軍論(2006.4・3)
野村セオリー―<絆>(夫婦共著/2007.3.2)
あぁ、阪神タイガース――負ける理由、勝つ理由(2008.3.14)
野村の流儀 人生の教えとなる257の言葉(2008.5.13)
エースの品格(2008.11.4)
野村主義 勝利への執着力(2009.9.1
野村イズムは永遠なり(2011.9.14)
野村の見立て わたしが見抜いた意外な長所・短所(2011.10.4)
考える野球(2012.1.13)
プロ野球重大事件 誰も知らない”あの真相”(2013.1.24)
オレとO・N(2013.6.20)
・執着心 勝負を決めた一球(2013.9.23 その1:阪神関連9.28 その2:阪神関連以外
私が見た最高の選手、最低の選手(2014.5.10)
嫌われ者の流儀(竹中平蔵氏との共著、2014.9.13)
「小事」が大事を生む(2015.7.14)
リーダーのための「人を見抜く」力(2015.7.21)
老いの可能性―老いて学べば、則ち死して朽ちず(2016.9.13)
野村克也 野球論集成(サンケイスポーツ編)(2017.12.15)
野村のイチロー論(2018.3.7)

<他の方のノムさん関連本>
橋上秀樹:野村の「監督ミーティング」選手を変える、組織を伸ばす「野村克也の教え」(2010.12・9)
工藤健策:野村克也は本当に名将か(2010.1.9)
野村克也、明智光秀を語る - 野村 克也←ノムさん本(本人著)はこれが最後?
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:54| 神奈川 ☀| Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: