2021年02月17日

齋藤孝60歳が毎日やってる!「一生サビない脳」をつくる生活習慣35+α

本題に入る前に+αの部分から。
さらに詳しいことや両チームファンの見解等はこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
こちらの件とはまったく関連性はないけど、本題のこの本。
「一生サビない脳」をつくる生活習慣35 - 齋藤孝
📖「一生サビない脳」をつくる生活習慣35/ 齋藤孝

著者の本では、過去に読書関連本2冊を当ブログで記事化。
読書のチカラ (だいわ文庫) - 齋藤孝ブログ記事
1冊読み切る読書術 - 齋藤 孝ブログ記事

それ以外には、故竹村健一氏との共著1冊
英語より日本語を学べ―焦眉の急は国語教育の再生だ - 竹村 健一, 斎藤 孝

純粋な自己啓発系はこれが初だったかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
📖齋藤孝60歳が毎日やってる!「一生サビない脳」をつくる生活習慣35ビジネス社
【内容情報】(出版社より)
何歳からでも始められる齋藤流大人の「脳活」決定版!
60超えたら頭も体も衰えるばかり・・・・・・
というのはウソ!

頭のキレも見た目も、若いままなのにはワケがある!
「誰にも負けないスピード感の鍛え方」
「メンタルと脳の強化法」
「年相応のインプット・アウトプット術」から
「老いらくの恋、ボケとの向き合い方」まで
第二の人生をさらに充実させる35のメソッド+12の名言!

老化現象に太刀打ちしようとしても、それは意味のないことなのです。
それよりも「老化したことを感じない体」「サビていない頭」をいかにつくり、いかにキープするかが重要になってくるのです。
その際に大事になってくるのが脳の若々しさ。
体も心も若くいるためには、なによりもまず脳がしっかりと働いていないといけません
ーーー「はじめに」より

【目次】
Chapter1 「スピード感」を意識するだけで、脳を邪魔するサビが取れる
Chapter2 脳への「刺激習慣」で、体の内側から若返る
Chapter3 日々の「簡単ルーティン」で、人生の質がぐっと上がる
Chapter4 「大人の思考術」で脳とメンタルがさらに強くなる
Chapter5 年相応の「インプット・アウトプット術」を使いこなす
Epilogue 私たちの背中を押す「先人たちの名言」

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
齋藤 孝(サイトウ・タカシ)
1960年、静岡県生まれ。明治大学文学部教授。東京大学法学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程等を経て、現職。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。『身体感覚を取り戻す』(NHK出版)で新潮学芸賞受賞。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導、TBSテレビ「新・情報7daysニュースキャスター」、フジテレビ「全力!脱力タイムズ」等、TVコメンテーターとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【2020年5月発行/2020.11.21読了】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【備忘録】
Chapter1 「スピード感」を意識するだけで、脳を邪魔するサビが取れる
1 「昔とった杵柄」でシャープな動きを取り戻す
(体も脳も、何歳からでも鍛え直すことができる)
2 フロー体験で「ノッている自分」に生まれ変わる
3 「速音読」で脳の回転と会話のスピードを一気に上げる
(文章を口に出して読むだけで、認知症も予防できる)
4 集中力は年齢を重ねてなお、高めることができる
5 1秒間の「コマ割り」で、即応力がアップする

Chapter2 脳への「刺激習慣」で、体の内側から若返る
6 セロトニンの分泌を意識して、メンタル不調を吹き飛ばす
7 攻めの体づくりで、テストステロンを味方につける
8 オキシトシンで”多幸感”をアップさせる
9 映画、音楽、古典から、ドキドキ感を思い出す(恋愛疑似体験)
10 「やわらか脳」になれば、発想力もよみがえる
(年を取ってからの思考にとって、一番の大敵は「依怙地」)

Chapter3 日々の「簡単ルーティン」で、人生の質がぐっと上がる
11 毎日の活字習慣
12 古典の音読
13 (30秒の)雑談力
14 メモ力
15 手帳を1日の予習・復習に活用
16 話すときこそ、タイム・イズ・マネーを意識
17 記憶の衰えは会話のマナーでカバー
18 あえてラジオから、ハイセンスな言葉の洗礼を受ける
19 「ながら」作業で脳と体を同時刺激
20 「区切り」を意識して、「時間密度」を高める
21 これからは「学歴」より「信頼歴」
22 「選択と集中+気づき」(自分の棚卸し)

Chapter4 「大人の思考術」で脳とメンタルがさらに強くなる
23 孔子の教えが2500年色褪せないわけ
24 年下の人との接し方(大切なのは謙虚になること)
25 「初心忘るべからず」の正しい意味
26 「隣の芝は青い」を卒業し、自画自賛力に磨きをかける(嫉妬心という重荷をおろす)
折れない心を育てる 自画自賛力 (メディアファクトリー新書) - 原田 隆史
27 元号の移り変わりを「プラス」に作用させる
28 正常性バイアスを踏まえて、自分を絶対に過信しない
(26と矛盾してね?)

Chapter5 年相応の「インプット・アウトプット術」を使いこなす
29 📺(まとめ番組)を通じて未知の世界の情報を自分のものに
30 ニュースはあとでネタとして使うことを想定(意識して見て、フェイクを見抜く)
31 575は究極の脳トレ
32 他人の目を気にせず、まずは「にわか」から始めてみる
33 「はしくれ感覚」で新たなアイデンティティを築いてみる
34 思い込みを取っ払い、とりあえずAIに触れてみる
(今なら不完全なAIを楽しめる)
35 クラシック音楽で脳と心に栄養を送る

Epilogue 私たちの背中を押す「先人たちの名言」
良寛詩集 (東洋文庫) - 良寛, 入矢 義高良寛のスローライフ (生活人新書) - 松本 市壽
一茶全集〈第1巻〉発句 (1979年) - 小林 一茶, 信濃教育会
本居宣長「うひ山ぶみ」 (講談社学術文庫) - 白石 良夫(全訳注)良寛歌集 (東洋文庫) - 秀雄, 吉野
声に出して読みたい日本語 2 - 齋藤 孝
葛飾北斎 (歴史文化ライブラリー) - 永田 生慈新版 本多静六自伝 体験八十五年 - 本多静六, 本多健一
シャネル―人生を語る (中公文庫) - ポール モラン, Morand,Paul, 登世子, 山田いわずにおれない (be文庫) - まど・みちおドナルド・キーン自伝 増補新版 (中公文庫) - ドナルド・キーン, 角地幸男ブッダ最後の旅―大パリニッバーナ経 (岩波文庫) - 元, 中村

【参考書評等】
新刊JP
Amazon書評
読書メーター
にほんブログ村 本ブログへ
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:37| 神奈川 ☀| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: