2020年11月02日

Withコロナにおける大規模イベントガイドライン策定に向けた技術実証@横浜スタジアム最終日の1/27850になってきた件【DeNA6x-5阪神】はじめ11/1のプロ野球ならびに藤川球児と同級生の中村憲剛も引退など⚽Jリーグの件

Withコロナにおける大規模イベントガイドライン策定に向けた技術実証:横浜スタジアムで行うプロ野球公式戦の観客数上限を緩和して開催(横浜DeNAベイスターズ・2020/10/15付リリース)
head_1023.jpg
元々観客動員が見込めるハマスタの阪神戦。「これでチケット代収入稼げるじゃん」という主催者の思惑に乗って、その最終日(となる昨日)に1/27850になってきました。これがなければ自分は今シーズン⚾観戦できなかったはずですし…
三塁側のバックネット裏に近い最上段(放送席のすぐ下)にいたので、この画像の中には自分はいませんが、前(後ろは壁)左右ともぎっしりでしたね。
IMG_20201101_122234.jpgIMG_20201101_122241.jpgIMG_20201101_122244.jpg
上掲の画像は自分が席に着いた時点で撮ったので密を感じませんが…
DSC00899.jpgDSC00900.jpg
この辺りはかなりな密な上、(この中に潜在的感染者がいたらやばいだとうと懸念されるような)いろいろと問題があったようでm(_ _)m
(もっとも、前の席にいたベイスターズファンのグループもサヨナラの時点も含めた得点時、ピンチ脱出時にいちいち歓声を上げてましたけど…)
なお、昨日の行動録は1つ前のエントリー(2020年11月01日のTweetまとめ)のとおりですが、午前11時57分から午後5時57分までのTweetがハマスタ内にいたときのもので、スタジアム撤収後に4G環境から振り返りTweet数件とWi-Fiの使えるカフェからInstagram投稿。
試合運びの拙さの具体的な内容を3点だけ補足すると、

1.先発橋遥人は、ソトへの2打席連続被弾よりも、2打席連続バント失敗。しかも、(スリーバント失敗で三振になった方がまだましな)塁に出ていたランナーの方がアウトになったことを反省すべし。

2.三回の満塁のチャンスで無得点に終わった拙攻。特に8回表は無死満塁で1点も取れず。坂本はスクイズでもよかったし、糸井は代打で出ても1回も振らずに見逃し三振では(●`ε´●)

3.せっかく7回表に4点取って逆転したのに、その裏登板した岩貞誤算であっさり同点に…その起点となったのは、細川のファールフライを捕手坂本に任せていればアウトだったのにかかわらず、マルテの捕りに行って交錯して落球。その打ち直しでソロ被弾から。それ以外にモマルテは一と死満塁で併殺打を打つし、7回表にはタイムリーも二塁を欲張って(一旦はセーフの判定もラミレス監督のリクエストにより判定覆り)アウトとことごとく足を引っ張っていたし…ボーアを切ってマルテ残すという球団の判断は一旦白紙に戻して、明日の甲子園からボーアにも最後のチャンスを与えた方がよくね?

もっとも、どっちに勝敗が転んでも試合終了後に藤川球児が登場することにはなってたとは思うんですが、ベイスターズが勝たないと花火は見られないから個人的にはハマスタに行けたことだけで満足☺
Polish_20201101_173620139.jpg

このエントリーに全部は載せきれないので、昨日撮影した画像と動画一式(だたし、公開不可なものは除く)はこちらをご覧ください。
というハマスタの試合(【JERA セ・リーグ公式戦】横浜DeNAベイスターズ 6x-5 阪神タイガース.・23回戦、14時試合開始、試合時間 3時間19分、入場者数 27,850人、勝:三嶋、負:エドワーズ←というよりマルテにして欲しい問題の現地にいてはかえってわかりにくいことなどさらに詳しいことや両チームファンの見解等はこちらもご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村 野球ブログ DeNA
ベイスターズへ
この試合も含めた昨日の続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 12:59| 神奈川 ☀| Comment(0) | 生観戦記&計画・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

【参戦・GET3】湘南3-2柏(BMWス)、【LIVEではradikoで最後の方だけ、DAZNで復習】阪神6-5村神(甲子園)など、10/18のプロ野球とJリーグの件

Polish_20201019_054945590.jpgPolish_20201018_131145551.jpg
昨日はShonanBMWスタジアム平塚(BMWス←この名称も今年限り)へ明治安田生命J1リーグ第23節湘南ベルマーレ vs 柏レイソル参戦。
Polish_20201019_055457657.jpg
戦評@スピナビ
湘南は前半4分にさい先よく先制。その後は鋭いプレスで柏の攻撃陣に自由を与えずにいたが、CKとカウンターから逆転を許してしまう。反撃を期す攻撃陣は攻め手を欠いた状態が続いていたものの、松田の投入で流れは一変。その松田が潤滑油となって攻撃のリズムを生み出し、岡本と畑の両サイドが躍動し始める。すると、後半33分には岡本のクロスからタリクが落としたところを松田が自ら同点弾を奪い、直後には再び岡本のクロスから石原直の逆転ゴールが生まれる。終盤は柏の猛攻を受けるも、決死の守備で守り切り、終了の笛。長いトンネルを抜け出した。

試合経過は1つ前のエントリー(2020年10月18日のTweetまとめ)中の実況Tweetもご覧いただくとして、こういう想定外や逆フラグはいくらでもどうぞ。
オルンガと神谷にはゴール決められたのだけはフラグ立てちゃったことはさておき、神谷の恩返しゴールで逆転された時点ではスタジアムの雰囲気も半分あきらめムードがあったかと思うんですが、分岐点は前半は効いていた茨田と田中聡に代えて、天馬と未月投入。これで前への推進力が増し、取り戻した湘南スタイルで同点から逆転へ。しかしながら、(前節も失点した)悪魔のアディショナルタイム。クリスティアーノがGK谷を突破した時点で同点に追いつかれた思いきや、(神谷の恩返しゴールを許したきっかけとなった無理なボールキープでのオルンガにボール奪取された)ミスを同じ試合中に取り返した舘のクリアで回避。その後の柏のコーナーもストッパー指宿の存在が効いて、リードを死守して試合終了!GET3\(^o^)/
さらに詳しいことや現地にいてはかえってわかりにくいことや両サポの見解等はこちらもご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへにほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
昨日撮影した画像・動画はすべてをここに掲載しきれないので、以下のGoogleフォトをご覧ください。
一方、BMWスから帰宅する時点からradikoプレミアムのABC📻中継を聴き始めた続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 09:14| 神奈川 ☁| Comment(0) | 生観戦記&計画・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月05日

現地の湘南ベルマーレ、甲子園の阪神タイガースともに淡々と試合を消化しただけ?としか感じなかった件など、10/4のプロ野球とJリーグ

最初に、管理人自身今年8試合目(リーグ戦では6試合目)となる現地参戦の⚽明治安田生命2020J1リーグ第20節湘南ベルマーレ vs FC東京Shonan BMWスタジアム平塚)の件。
DSC00555.jpg
IMG_20201004_130500-PANO.jpg
DSC00696.jpg4691人.jpg

試合経過は、1つ前のエントリー(2020年10月04日のTweetまとめ)中の実況Tweet(15〜16時台)をご参考にしていただくとして、ざっくり感想を言うと
たのしめてるか.jpg
という問いに対して、一言。

楽しめてません(´・ω・`)

もう少し付け加えると公式RTしたこれ。
前進.jpg
掲題のとおり、淡々と試合を消化しただけとしか感じられないし、今シーズンのクラブスローガンが虚しい内容…
撃て.jpg
コロナ禍で降格がないとはいえ、来シーズンに向けて大石主税の昼行灯よろしく相手を油断させる壮大な作戦だったとしても、せめてシュートくらい積極的に打っていかないとサポのメンタルが保ちません(●`ε´●)
もっとも、実際に(⚽⚾問わず)ファン&サポーターの前で土下座して謝罪した監督・選手って、今は亡き大沢親分しかしらんけど…

ということも踏まえて、この試合に関する(現地にいてはかえってわかりにくい点も含め)さらに詳しいことや総括は詳しいことはこちらもご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへにほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

甲子園の試合⚾の阪神の方は、淡々と試合を消化したというか、チャンスは作りつつも続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 11:35| 神奈川 ☔| Comment(0) | 生観戦記&計画・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

【参戦@BMWス】急造3バックで湘南惜敗(0-1 川崎)、【頭と終わりを📻視聴】唯一のナイター@神宮でとらほー\(^o^)/(9-3 ヤ)など、9/27のプロ野球と⚽Jリーグの件+α

DSC00464.jpgIMG_20200927_134032.jpg
最初に、現地参戦の明治安田生命J1リーグ第19節・湘南ベルマーレ vs 川崎フロンターレ(Shonan BMWスタジアム平塚)の件
DSC00499.jpg
「神奈川ダービー」と言われても県の東の端と西の端。当事者同士はそう言われてたまたま同じ県に所属していることを改めて認識するくらいの意識しかないけど…
湘南ベルマーレの方は3バックの今シーズンのレギュラー3人(大野・坂・大岩)がスタメンどころか、控えにもおらず。右:舘幸希、センター:石原広教、左:田中聡の急造コンビ。これで1試合平均約3得点と攻撃力ダントツの川崎フロンターレをどうやって抑えろと(^_^;)
案の定前半の早い時間帯に川崎フロンターレが得意のボール回しから先制したわけですが…(センターバックが石原広教ではなく、坂なら防げたかもしらんけど…)
こうなると世間の皆さんは川崎フロンターレがさらに追加点を上げて圧勝する流れと感じただろうと思いますが、その後お互い決定機がいくつかありながらも決めきれず、このまま0−1で試合終了。
IMG_2020-09-27-15322168-COLLAGE-COLLAGE.jpg
残念ながらホームチームは負けてはしまいましたが、0−1のスコア的にも内容的にも(河野太郎大臣だけでなくみんながそう評価するであろう)惜敗で、自ら(正確には前身のチーム)の持つ7試合連続3得点以上のリーグ記録に並ばれることは許さず。
というこの試合。試合経過は1つ前のエントリー(2020年09月27日のTweetまとめ)中の実況Tweet(午後7〜8時台)もご参考にしていただき、さらに詳しいことや両サポの見解等はこちらもご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへにほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
例によって、この試合の前後に撮影した画像ならびに動画は以下ののGoogleフォトやつべにて。
この試合の始まる前の1回表(阪神先制)とハーフタイム(特段動きなし)、そして試合終了後の帰路(阪神のラッキーセブンの得点シーン以降試合終了を経て、原口のヒーローインタビューまで)に📻ニッポン放送で聴いていた#Bellmare
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 10:58| 神奈川 | Comment(0) | 生観戦記&計画・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

昼の🐯@ナゴドも夜の現地参戦ベルマーレもともに完敗で個人的には最悪な4連休のスタート(´・ω・`)〜9/19のプロ野球と⚽Jリーグの件

最初に、昼間(14時試合開始)のナゴドの試合(【JERA セ・リーグ公式戦】中日ドラゴンズ vs 阪神タイガース・14回戦)の件
管理人自身は、この試合のあった時間帯は外出していて、ネット経由でしか状況を把握できておらず。また、昨晩から今朝にかけてニュースのスポーツコーナーを能動的に見ることもなかったので、(本エントリーの最後の方でネタ案件は掲載しますが)さらに詳しいことはこちらもご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村 野球ブログ中日ドラゴンズへ
この引用Tweetは昨日のものなので、このエントリーでは今日のことですが、その出先とはここ。
IMG_20200919_141152.jpg
この試合から手拍子応援が解禁。
とは言いつつも…

試合中ではこんな感じ。

「手拍子応援がホームチームにいい後押しになって、結果にもつながる」と少なくとも前半終了から後半の大野のシュートのシーンまでは確信していたんですが…
大野のシュートをキャッチしたエスパルスのGK大久保が早いリスタートでカウンター。
そこからあっさり失点(´・ω・`)
となると、今シーズン先制された試合では全敗のベルマーレ。エスパルスの選手がよく倒れる作戦で時間稼ぎをしたのも効いていたとは思うんですが、続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 12:44| 神奈川 ☁| Comment(0) | 生観戦記&計画・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月13日

現地参戦の⚽【湘南1-2G大阪@BMWス】も同じ県内で開催のプロ野球【DeNA6-7阪神@ハマスタ】も関西側の勝ち地元の負けなど、8/12のプロ野球と⚽Jリーグの件

IMG_20200812_170427-PANO.jpg
IMG_20200812_144713.jpgDSC00195.jpg
最初に、現地参戦の⚽2020JリーグYBCルヴァンカップ Dグループ 第3節 湘南ベルマーレ vs ガンバ大阪/8月12日(水) 19:33キックオフ @Shonan BMW スタジアム平塚の件から。
DSC00192-COLLAGE.jpg
この試合のガンバ大阪のメンバーでホームベルサポ側で知っているのは、せいぜい元プロ野球選手高木 豊氏三男大輔(背番号20)くらいで、あとは誰やねん?と言った感じだったんですが、
知る人ぞ知る要注意選手にやられてしまうとわね(´・ω・`)
湘南ベルマーレらしいといえばらしいんですが…
試合経過に関しては1つ前のエントリー(2020年08月12日のTweetまとめ)の中の実況Tweetもご参考にしていただくとして、実況Tweetだけだと目の前で起きている現象のみの記述になりがちなので、本エントリーで試合総括をすると、これまでの試合よりは攻めてはいるものの、フィニッシュのアイデア不足。高さを使える選手が少ないからリードした相手にとってはそんなに怖くはない。個別の選手では三幸のパスさばき、配球の巧みさ。そして、畑の右サイドの駆け上がりはアクセントとしては効果的なものの、ともに守備面が軽いのでレギュラーとしては、もう一、二段階の成長が必要と言ったところか。
管理人自身は⚽は体育の授業並びに球技大会の員数合わせレベルの競技経験しかないので、専門家の見解を借用。
去年もリーグ戦5連敗から、天皇杯で立て直しを図ろうとしたところ0−4で地域リーグのクラブに大敗でドツボにハマってしまった悲劇はあったけどその次のアウェイリーグ戦ではグリーンシート達成で連敗ストップ。この歴史の繰り返しになりますように🙏
と願いつつ、この試合に関する詳しいことや両チームサポの見解等ははこちらもご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへにほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
こちらのGoogleフォトのアルバム(動画も含む)もご覧ください。
この試合は落雷の影響で予定より30分遅れのキックオフとなったわけですが、
ということで、
そのハマスタの試合ですが、続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 12:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 生観戦記&計画・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月02日

現地参戦の湘南vsセレッソはじめ東西対決は⚽⚾ともにアウェイ側の勝利など、8/1の⚽J1第8節とプロ野球の件

昨日は⚽Jリーグならびにプロ野球(NPB)で神奈川県を本拠地とするチームと(旧摂津国も含む)大阪エリアを本拠地とするチームの対戦が3試合。そのうち神奈川県平塚市にあるShonan BMW スタジアム平塚(注:この名称も2021年1月末まで)で開催の2020明治安田生命J1リーグ第8節:湘南ベルマーレ vs セレッソ大阪へ現地参戦。
IMG_20200801_211448.jpg
リーグ再開時の想定ではこの試合より(再開時点での「超厳戒態勢」(入場者数上限5,000人、アウェイ席設置なし等)から)「厳戒態勢」(入場者数上限定員の50%、アウェイ席設置等)へ制限緩和となるはずが、既報のとおり、新型コロナウイルス感染拡大状況を踏まえ、超厳戒態勢を8月末まで維持。ゆえに、(仕事が想定より早く終わったので現地参戦を急遽決めたことや📻ナパサ実況に現ベルクイ白がいないという要因もあり)せっかくなので通常時ならアウェイ席となる5ゲート側RIZAPシートから初めての参戦(入場料は当日券料金で2,700円)。
Polish_20200802_045926431.jpgPolish_20200802_050659114.jpg
(実はホーム側ゴール裏も一度も参戦経験なしなのはさておき)立ち見席とは違って適度に傾斜があるので近い側の状況はメインスタンドよりもわかいやすいし、臨場感もあったわけですが、反対側の状況はよくわからず。
なので、前半の岡本の惜しいシュートのシーンも、後半の見たくはなかったこれも臨場感ありあり…
ただし、その前の馬渡のファールのシーンは他の選手の影になって見えてはなかったですし、後半は反対側で惜しいと思われるシーンが2回くらいあったかなという現地段階での認識。右から左、左から右へのサイドチェンジはうまくいってたものの、その後の詰めが甘く、シュートにすらなかなか持ち込めない。(開幕当初から懸念していた山崎、野田、クリスランがいなくなって)前線のターゲット不在問題はこの試合でも出て、サイドチェンジとパス回しに活路を見出そうとするも、個人の技量がそこまでは至っていない印象。総括するとどちらも決め手を欠く中、スコアレスドローが妥当なところ、PK1つで勝負が決まってしまったベルマーレにとってはアンラッキーな敗戦。カードももらいすぎだった印象も、セレッソのベンチかピッチの選手が言ったのかはわかりかねますが(声だけははっきり聞こえた)「カード出せよ!イエロー!」という恫喝が効果的だった?(個人的な見解としては)セレッソ側からすれば判定勝ち。
試合経過に関しては、1つ前のエントリー(2020年08月01日のTweetまとめ)中の実況Tweetもご覧いただくとともに、さらに詳しいことや両クラブサポの見解はこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへにほんブログ村 サッカーブログ セレッソ大阪へ
正確には「神奈川県民(町田市民を含む)のセレッソサポならで、セレッソグッズを身に着けていなければやむなしの立場」ですが、現にTwitter上で近くにいたと思われる神奈川県在住(ただし、スタジアムまで1時間以上かかるところ)のセレッソサポを見つけてはいるものの、武士の情けでさらすのは自粛します。
というBMWスの試合も含めた昨日開催分のJ1第8節の結果は以下のとおり。
個々の試合に関する詳しいことや総括はこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログへ
  ↑  ↑  ↑
ケンタの負け惜しみにしか聞こえないと思う⚽系の人は自分だけではないはず…
それはさておき、ここで昨日のハーフタイムに続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 13:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 生観戦記&計画・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月13日

J1第4節:湘南0△0札幌【142日ぶりの現地参戦もGET1に留まる】、なおとらほ〜\(^o^)/

最初に、Googleフォトが勝手に作った動画で昨日の行動記録的なもの。

とは言っても、掲題の試合終了まではカバーしてませんが(^_^;)
それはさておき、2月21日のJ1開幕戦以来のShonan BMWスタジアム平塚来場につき、19時キックオフなのに13時少し過ぎに駐車場に着いてしまった問題(^_^;)
その時点で、お隣のバッティングパレス相石スタジアムひらつかで⚾イースタン・リーグの試合【横浜DeNAベイスターズ対東京ヤクルトスワローズ】開催であることを確認した後、近くの🍜屋で昼食。店内では(たぶん湘南ケーブルネットワーク経由での)Jスポ3の京セラドーム大阪の試合中継を流してました。
Polish_20200712_151120312.jpg
昨日の昼間は晴れていてかなり暑い状況も、日陰にいればさほどつらくはなく、食後はローソンに寄って、公園内の日本庭園で休息。
従来はキックオフの4時間前からスタグルやショップが開店してましたが、昨日は3時間前の16時から。その頃になるとぼちぼちと人も集まりだし、いつも見かける方にもごあいさつ。(ただし、以下のような事情もあり、知己の常連さんも半分くらいは自粛していた感じか?)
当然のことながら、リーグ開幕戦では25店舗出店だったのが、昨日は12店舗と半分以下に。おなじみの(フレンチトーストの)ぴぃちゃんちは出てなかったので、入場後の17時台にCLOVERのカツカレーを食べただけでしたが…
検温は36.4度(平熱)。席はメインスタンドのアウェイ寄り(4ゲート)のやや上の方。(2席空きなので、左空き席にバッグ、右空き席にペットボトル飲料などを置けるというぜいたく仕様で草)

アウェイの選手紹介中、元ベルマーレ在籍の選手のときは間をとって拍手で迎えるベルマーレスタイルは変わらず。

新型コロナウイルス感染拡大防止策の一環として、三村ロンドさんのひとりコール・アンド・レスポンス。(観客は拍手のみ)

そして、控えめな円陣ダッシュ。

その後の試合経過は、(管理人自身は実況Tweetスタイルは変えていないので)1つ前のエントリー(2020年07月12日のTweetまとめ)もご参考にしていただくとして、まずは前半総括。
後半のお互いいくつかのチャンスを作るも、(前半も同じ場所で石原直樹のシュートをセーブした)ゴールポストのファインセーブ菅野(すげの)はすげーのなどでスコアは動かず試合終了。
Polish_20200712_151120312-COLLAGE.jpg
(そもそも、まだリーグ戦はここまで3試合善戦しつつも、勝ち点0。かつ相手は現時点で得点ランキングトップタイの鈴木武蔵がケガで欠場していたし、アウェイ連戦の疲れもあってチャナティップもジェイも途中交代したのもあって)「勝利のダンス」制限付き有観客試合時バージョンを見たかったのは言うまでもないですが、無失点勝ち点1を得たのが次につながればいいと前向きにとらえることにします。
Man of the Matchが選手でなくてもいいなら、前半は石原直樹、後半はジェイのゴールを阻んだ、5ゲート側のゴールポストだと思うんですが…
MOM_LI.jpg
それはさておき、
DSC00004-COLLAGE.jpg
ちなみに、声を出すなと言われても(😷越しとは言え)出てしまうもの(^_^;)
そして、自分は気づかなかったもののアウェイコンサドーレサポもコソーリいた模様。
この方は東京在住の方のようですが、そもそもアウェイ席を設けなかったのは動員最大5,000人という上限の規制の中、チケット争奪戦になる可能性を想定してホーム優先とした要素の方が大きいのでは?。
感染予防の観点からすれば、どちらを応援しているかというより、来場者がどこに住んでいるか?(開催地に近い人の方がリスク小)の方が重要。アウェイサポが遠方から来るとは限らないし、プロ野球ではホーム・ビジターの区別をしていないけど、「来場者は開催地の同一または隣接する都道府県内の者に限る(要、住所を証明するもの提示)」とするのも検温、アルコール消毒、ソーシャルディスタンス確保のための諸施策に加えて、さらに運営側の負担が増えるだけ。緊急事態宣言下で「都道府県境を超える不要不急の移動は自粛」としたのも、「居住地よりも50キロ(あるいは100キロ)を超える移動は自粛」よりもわかりやすいし、行政がその方がやりやすいからなのと同様なことかと思うわけですが…
という、試合そのものの感想からは外れてしまいましたが、そのあたりも踏まえて、さらに詳しいことや総括はこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへにほんブログ村 サッカーブログ コンサドーレ札幌へ
昨日、現地で撮影した画像・動画はこちらにまとめしたので、ご覧ください。
なお、場外イベントは自粛につき、動くキングベルの姿は見られず。(自粛対象になっていない)ピッチにもいなかったのは、ご老体で感染して重症化するのが怖かったからかどうかはしらんけど…
という流れで、ベルマーレクイーンの活動はなしも、
ひとりだけ📻の実況中継に登場
IMG_20200712_210500.jpg
一方、BMWスよりも1時間早く始まった続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 14:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | 生観戦記&計画・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

【参戦●・2020J1開幕戦】湘南2-3浦和(BMWス)【ざっくり編】

昨日は、明治安田生命J1リーグ2020開幕戦(金Jで先行開催の1試合)に行って来ました。
2020-02-21-16-52-00-467-COLLAGE.jpg
ホームサポとしては、結果は残念だったものの、12年ぶり復帰の石原直樹がクラブ初のJ1開幕戦ファーストゴールで盛り上がり、前半のうちに一度は逆転はされたけど、後半に山田直輝の恩返し弾で同点に追いつき、さらに(今年から導入の)VAR(さっそく)発動でPK。
これで勝ち越していれば…
結局、再びリードを許し惜敗(´・ω・`)この前の日曜日のルヴァン杯GS開幕戦と比較しても内容はかなりよかっただけに、最低でも勝ち点1の結果は欲しかったところ…
DSC09906-COLLAGE.jpg
さらに詳しいことは、1つ前のエントリーやこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
DSC09848.jpg
NHKのニュースでは試合結果は見出しだけではわからず、上掲の画像案件の方が先でしたが、時節的にやむなしといったところでしょうか…
【とここまで書いて一旦更新します。さらなる深堀りは今日開催のJ1の4試合の試合結果と一緒に翌日のエントリーでします】
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:54| 神奈川 ☁| Comment(0) | 生観戦記&計画・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

【参戦・GET3!!!】ルヴァン杯GS第1節:湘南1-0大分(BMWス)

Fotor_158184883480795.jpg
昨日は今年初のShonanBMWスタジアム平塚へ(J1リーグ戦より先に開幕の)JリーグYBCルヴァンカップグループステージ第1節:湘南ベルマーレ vs 大分トリニータ戦参戦。
スタジアムのある平塚市総合公園には10時少し過ぎに到着し、メインスタンドの指定席だからいらんと思ったけど一応入場待機列順番取り結局いらんかったけど(^_^;)、散策(関係者との再会も含む)、スタグル(ぴぃちゃんちのフレンチトースト アウェイメニューROCKET CHICKEN)、(自称「神さま」ことキングベルI世、外見は)お爺ちゃんの新しい嫁ベルマーレクイーン2020・以下「ベルクイ」)のお披露目【自己紹介静止画】と個々にあいさつ(+いけぴ)勝利への花道を上から見物開幕戦のホームタウン18市町代表者によるキックオフセレモニー選手紹介等々試合前の諸々を経て、選手入場からの試合開始。キックオフ
2020-02-16-14-43-21-533.jpgIMG_20200216_150354.jpg
前半は、ホーム湘南ベルマーレ側には馬渡和彰の惜しいシュートはあったものの、概ねアウェイ大分トリニータ優勢で推移し、ベルマーレが無失点でしのぎきったという感。(どちらも様子見だったのかもしらんけど…)
後半に入ってからは、ベルマーレも(岩崎に代えて俺たちの石原直樹タリクに代えて梅崎舘に代えて山田直輝を入れて)少しは盛り返すも、(昨シーズンなら前線の山アに放り込みというシンプルな作戦は取れたけど、昨日のメンバーには高さのある選手がいないためつなぎで推進するしかないのか?)なかなか前には行けず。去年までの前監督の⚽に慣れた身にはもどかしい状況。それでも、再三ピンチをしのいだご褒美か?アディショナルタイムに入って、相手GKのファールからPKを得て梅崎が決めベルマーレ先制
このあと、三平(大分)がゴールに迫る危ないシーンはあったものの、それをしのいで試合終了。

この試合を総括するとこんな感じですかね…
先日亡くなったノムさん(こと野村克也氏⚾)なら「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議な負けなし」と言ったかどうかはしらんけど…
そのあたりも踏まえて、現地にいてはかえってわかりにくいことなど、さらに詳しいことは湘南ベルマーレならびに大分トリニータの公式サイトやこちらをご覧いただくとして、
  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへにほんブログ村 サッカーブログ 大分トリニータへ
内容は今ひとつの感は否めませんが、続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 13:17| 神奈川 🌁| Comment(0) | 生観戦記&計画・予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする